マンションを購入する

マンションを購入する場合、まず名義をどうするかを決めましょう。個人名義にするか、共同名義にするかを将来を見据えて考える事が必要です。

マンションの名義変更

マンションを購入する

マンションを購入する場合、多くの方がローンを組みます。

ローン審査に通らなければ購入出来ないので、一定上の収入が必要です。

家族で住む場合は、世帯主一人の所有名義にする事が多いです。

しかし女性の社会進出に伴い、夫婦同じくらいの年収を持つ家庭も少なくありません。

その為、夫婦の共同名義で購入されるケースも多いです。

また一人暮らしの女性がマンションを購入するケースが増えています。

居住する本人名義で本人が購入します。

また、親名義でローンを組み子供が住むというケースも有ります。

購入する時は、とりあえず審査さえ通ればと考え、誰の所有名義にするのかを気にされない方が多いのも事実です。

所有名義を安易に考えて購入すると、場合によっては数年後、名義変更で面倒な手続きを踏まねばならなくなります。

例えば離婚の場合です。

居住し続ける方が名義人で無い場合、名義変更をするケースが有ります。

家を出る方の名義のままで別の方が住み続けるのは、両者の合意があれば問題ありません。

ただし、後に名義人と連絡が途絶えトラブルになることが多いので別居の時点で手続きされる方が多いです。

賃貸として第三者から家賃収入を得る場合はご注意下さい。

副業を禁止されてる職業によっては、家賃収入が年間500万円を超えると兼業とみなされる場合が有ります。

所有名義人の収入としてカウントされますので、就業規定などを確認する必要があります。

不動産名義変更手続センター http://www.meigi-henkou.jp/


Copyright (C) www.digitalgoddess.org. All Rights Reserved.

マンションの名義変更