相続に伴う手続き

親が無くなった場合、居住していたマンションを相続します。手続きの時には、手数料の他に相続税も発生します。相続放棄する場合は別の手続きが必要です。

マンションの名義変更

相続に伴う手続き

親が亡くなって財産を相続する場合についてです。

財産相続は、マンションなどの固定資産や預貯金、固定電話の権利などプラスのものだけではありません。

借金やローンの残りなどマイナスの財産も全て対象となります。

プラスの財産は相続したいけど、負債は支払いたくないという相続方法ではないのです。

負債が多い場合は相続放棄する方も多いです。

放棄には相続人全員の承諾が必要となり、家庭裁判所での認定となります。

相続放棄の場合はマンションなどの不動産などは、国の所有となり後に競売にかけられます。

その場合は、個別にマンションの名義変更をする必要は有りません。

相続する場合、相続人全員の印鑑証明を添えた同意書が必要になります。

遺言書がある場合は不要ですが、別途弁護士などに相続人と確認できる書類を作成してもらってください。

相続登記を変更せずに居住しつづけると色々なデメリットが伴いますので、なるべく早めに相続人へ名義変更しましょう。

必要書類は、故人の除籍謄本・相続人全員の同意書と印鑑証明書・マンションの権利書です。

他には、固定資産税を納税してた事が確認できる書類も必要です。

手続きは司法書士が行いますので、詳細は個別にご相談下さい。


Copyright (C) www.digitalgoddess.org. All Rights Reserved.

マンションの名義変更